TinyMCE Advancedの使い方と設定方法!ボタン追加で編集画面をカスタマイズ

シュン
今回はプラグイン「TinyMCE Advanced」についてご紹介します!

 

「TinyMCE Advanced」は記事投稿画面にあるビジュアルエディターの改良ができ、記事作成を便利にしてくれるプラグインです。

 

最初の設定のままだと結構不便に感じることもあるのですが、

「TinyMCE Advanced」を導入すれば、

・文字の装飾

・フォントサイズの変更

・表の作成

などを追加することができ、あなたのブログ作成を快適にしてくれます。

 

読者が見やすいように記事を装飾することは非常に大切ですので、ぜひ取り入れていきましょう!

TinyMCEAdvancedをインストール

プラグイン⇒新規追加をクリック

プラグイン⇒新規追加

 

検索窓に「TinyMCEAdvanced」と入力して、「今すぐインストール」をクリック。

検索窓に入力⇒今すぐインストール

 

「有効化」をクリック。

有効化

 

これでインストール完了です。

 

TinyMCE Advancedの設定方法

ダッシュボード左メニューの「設定」から「TinyMCE Advanced」を選択

設定⇒tinymce

 

「Classic Editor」を選択。

クラシックエディターを選択
シュン
最近ワードプレスの仕様変更で投稿画面が大きく変わりましたが、旧エディターの「Classic Editor」の方が圧倒的に使いやすいです。

 

「エディターメニューを有効化する」にチェック。

チェックを入れると赤枠のメニューが表示されるようになります。

エディターメニューを有効化

 

アイコンの最適化

いらないアイコンと必要なアイコンをドラッグアンドドロップで移動します。

機能追加・削除

 

僕は「フォントスタイル」「テキストとしてペースト」「書式設定をクリア」「特殊文字」を外して「下線」「打ち消し」「両端揃え」「背景色」を追加しています。

 

ただ、とりあえず最初は機能を外す必要はないと思います。

 

記事を書いてみて「この機能いらないな~」と思った時に外すと良いですね。

 

オプション設定

次にオプション設定ですが、新たに「リストスタイルオプション」「コンテキストメニュー」「代替リンクダイアログ」「フォントサイズ」にチェックを入れます。

設定

 

リストスタイルオプション
箇条書きする時に使うリストタグが増える機能。

白丸・黒丸・四角を選択できるようになります。

箇条書き

 

コンテキストメニュー
投稿画面で右クリックするとリンクの挿入表の作成ができるようになります。

右クリック

メニューからわざわざ選択する手間が省けるので時短に繋がります。

 

代替リンクダイアログ
リンクを入れる時に便利な機能が追加します。

特に便利なのがnofollwタグを簡単に付けることができる機能です。

外部リンク(別サイト)を貼る際はドメインパワーを持っていかれないようにnofollowタグを設定する必要があるのですが、「Rel」の部分をnofollowにするだけでこれが出来てしまいます。

nofollow

これは本当に便利なので忘れずに設定しておきましょう!!!

 

フォントサイズ
フォントサイズの細かい大きさが設定できるようになります。

初期設定

設定後

 

高度なオプション

こちらはすでにチェックがついている部分に加えて「Keep paragraph tags in the Classic block and the Classic Editor」にチェックを入れましょう。

高度なオプション

 

これはビジュアルエディターとテキストエディターを切り替える際に、勝手にタグが追加されるのを防いでくれる機能です。

 

最後に「次のエディター拡張の有効化」に全てチェックを入れ、画面右下の「変更を保存」をクリックすれば完了です。

変更を保存

 

まとめ

今回は「TinyMCE Advanced」の使い方についてまとめました!

 

「TinyMCE Advanced」はリンク(nofollowタグ)の設定、フォントサイズの変更、文字の装飾、表の作成など記事作成を便利にしてくれます。

 

読者が見やすく、記事を書く際の時短にも繋がるプラグインですので、ぜひインストールして設定しましょう!

 

こちらの記事では個人的におすすめのプラグインをまとめているので、よろしければ参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です