Invisible reCAPTCHA for WordPressの使い方と設定方法!スパムメール対策に必須のプラグイン

スパムメール対策
シュン
今回はプラグイン「Invisible reCAPTCHA for WordPress」について紹介します。

 

ワードプレスを運営するうえで、スパム対策は絶対にしないといけません。

 

記事下のコメント機能から毎日のようにスパムコメントが届きますから、放置しておくと結構大変です…。

 

でも、今回紹介する「Invisible reCAPTCHA for WordPress」を使えば、スパム対策は完璧!!

 

設定方法を詳しく解説していきます!

Google reCAPTCHAに登録

「Invisible reCAPTCHA for WordPress」を使うには、Googleのサービスである「Google reCAPTCHA」に登録する必要があります。

 

ですので、「Invisible reCAPTCHA for WordPress」をインストールする前にこちらを登録しておきましょう!

 

Google reCAPTCHA公式サイトへ。

 

右上の「Admin console」をクリック。

admin console

 

Googleアカウントにログイン。

ログイン

 

「ラベル名」「reCAPTCHAタイプ」「ドメイン」を入力します。

ラベル名~ドメイン
ラベル:ブログのタイトルなど分かりやすいものを入力

reCAPTCHAタイプ:reCAPTCHA v3を選択

ドメイン:ブログのドメインを入力

ドメインは「https://」以降を入力します。

例えば、「https://○○○○○.com/」というURLであれば、「○○○○○.com」の部分がドメインになります。

 

「reCAPTCHA利用条件に同意する」と「アラートをオーナーに送信する」にチェックを入れて、「送信」をクリック。

オーナー~送信

 

これで登録完了です。

「サイトキー」と「シークレットキー」は後々使うことになるので、このページは閉じないでください

登録完了

 

Invisible reCAPTCHA for WordPressをインストール

続いてワードプレスで「Invisible reCAPTCHA for WordPress」をインストールします。

 

ダッシュボード左メニューのプラグインから新規追加を選択。

プラグイン⇒新規追加

 

検索窓に「Invisible reCAPTCHA for WordPress」と入力して、「今すぐインストール」をクリック。

検索窓に入力~今すぐインストール

 

「有効化」をクリック。

有効化

 

これでインストール完了です。

 

Invisible reCAPTCHA for WordPressの設定方法

ダッシュボード左メニューの「設定」から「Invisible reCAPTCHA」を選択。

設定

 

画像の通りに設定します。

キーを入力
Your Site Key:サイトキーをコピーして貼り付け

Your Secret Key:シークレットキーをコピーして貼り付け

Language:Japaneseを選択

Badge Position:Inlineを選択

「変更を保存」をクリック。

 

続いて「WordPress」を選択して、チェックボックスに全てチェックを入れます。

全てにチェック

最後に「変更を保存」をクリックで設定完了です。

 

コメントを見てみると「reCAPTCHAで保護されています」と表示されています。

表示

 

まとめ

今回は「nvisible reCAPTCHA for WordPress」の設定方法について紹介しました!

 

ブログのスパムコメントは毎日のように来るので、ブログを書き始める前に設定しておきましょう!

 

こちらの記事では個人的におすすめのプラグインをまとめているので、よろしければ参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です