【超簡単】エックスサーバーでワードプレスを自動インストール

ドメインの設定が完了したら、次はいよいよWordPressをインストールします。

 

WordPressのインストールは難しい作業もなく、簡単にできます!

 

では、詳しい手順を解説していきます!

WordPress(ワードプレス)のインストール方法

エックスサーバーにログイン。

 

Info.panelから「サーバー管理」をクリック。

 

「WordPress」の「WordPress簡単インストール」をクリック。

ワードプレス簡単インストール

 

「ドメイン選択画面」に行くので、WordPressをインストールしたいドメインを選択します。

ドメイン選択

 

必要な情報を入力していきます。

必要事項入力

  • サイトURL:インストールするURLを選択、右の枠は空白でOK
  • ブログ名:ブログのタイトルを入力
  • ユーザー名:ワードプレスにログインする時のIDを入力
  • パスワード:ワードプレスにログインする時のパスワードを入力
  • メールアドレス:メールアドレスを入力
  • キャッシュ自動削除:「ONにする」をチェック
  • データベース:「自動でデータベースを生成する」にチェック
  • 入力が完了したら、「確認画面へ進む」をクリック

※「ブログ名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」のうち、ユーザー名だけは後から変更することができないので、しっかり考えた上で入力しましょう!

 

入力内容を確認して、「インストールする」をクリック。

インストールする

 

これでWordPressのインストールが完了しました!

「管理画面URL」をクリックしてみましょう!

インストール完了

 

すると、ワードプレスのログイン画面にいきます!

先程設定した「ユーザー名」と「パスワード」を入力して、ログインしてみましょう!

ワードプレスにログイン

 

ログインに成功して、ダッシュボードが表示されたら成功です。

ログイン完了

 

「ドメイン名/wp-admin」というURLでダッシュボードに行くことができますが、毎回入力するのは面倒なので、ダッシュボードをブックマークしておきましょう!

 

まとめ

今回はワードプレスの自動インストール方法について紹介しました。

 

エックスサーバーだとワードプレスのインストールも簡単にできることが分かって頂けたかと思います。

 

でも、今の設定のままだと独自SSL化ができておらず、URLに保護されていない通信と表示が…。

保護されていない通信

 

このままだとブログの信頼性が下がるので、次回はSSL化の方法を解説します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です